夏の比叡山と庭園美術館

2003/8/15

毎年お盆に帰省中の弟や義妹たちと、日帰り旅行をする。涼しいところを探してプランを作るのは私の係りである。
経験上、夏は少々緯度の高いところへ行っても涼しくない、涼しさを求めるためには、高度の高いところに限ると思うので、今年は早くから比叡山々頂のロテル・ド比叡でランチを予約しておいた。
JRで坂本へ行きケーブルに乗る。自宅からまともに比叡山坂本まで切符を買えば川西池田から坂本まで1280円であるがお盆期間に使える時差回数券をうまく使えばかなり安くなる。
      川西池田・・・・大阪      175円 
      大阪・・・・・・・・京都      306円
      京都・・・・・・・・比叡山坂本  320円
金券ショップで買っても850円にならない。
ところがケーブルで誤算があった。往復で買ったのだが帰り、ケーブル乗り場へ向かうバスが始発駅で座れたのでそのまま京都まで乗ることにして、ケーブルの帰りの切符を無駄にしたわけだ。まあしかし疲れていたからこれでよかったと思う。
さて、今年の夏は雨が多い。今日は降りこそしなかったが、比叡山頂は霧の中であった。

根本中堂


ロテル・ド比叡は女性好みの素敵なホテルである。窓際の眺めのよい席がキープされていた。香草を巧みに使った料理はおいしかった。
バスで庭園美術館へ向かう。ハーブや夏の花いっぱいで予想以上にすばらしかった。陶板で再現された名画がその絵の風景を模した庭に立てられている。モネの睡蓮の池で撮った写真を表紙やトピックに使ったが、同じくこの庭の写真で作った壁紙を額縁にすることに成功。表の境界に色をつけるのは、ホームページビルダー2001では不可能なのでタグを書いた。表紙はいずれ変えるのでここにも載せておく。



. .
モネの睡蓮


晴れていれば
この絵の風景が
見られるのだろうか
ゴッホのひまわりと
同種の花


涼しさは一級である。長袖の上着をずっと着ていた。

                      完