琵琶湖と石山寺
2004年11月21,22日

「旅するらくだ」という旅行のサイトで、琵琶湖ロイアルオークホテルの無料宿泊招待券に当選した。
夫の病気もほぼ快癒したので、本復祝いと私の誕生日祝いを兼ねて一泊旅行に出かけた。
距離的にも病後の旅としてちょうど良い。
JRの川西池田駅から10分のところに引っ越したばかりだが、旅行に行くときの便利さを痛感した。
今年はいつまでも暖かいので紅葉はどこでも余り美しくないといわれているが石山寺の紅葉はそれなりに美しい。


. .


病後なのであまり無理をしてもいけないと思い、入り口付近で紅葉を見るにとどめて、タクシーでホテルに向かったが、それでもなかなか見ごたえがあった。
@niftyの「40歳からのパソコンフォーラム」で琵琶湖へ行くことをコメントしたら、スタッフの紫音さんが、そのホテルなら毎日前を通って通勤しているからと、ミニオフをしてくださることになり、ホテルの部屋に入った直後お電話をいただいた。初対面だからお互い服装を告げあって、ちょっとドキドキしながらロビーに出たら待っていてくださった。もうお一人来てくださるとのことで、それまでホテルの前の湖岸の遊歩道をおしゃべりしながら散歩した。すぐ打ち解けて10年の知己のように話せたのはうれしかった。夕日が余りきれいなので、ベッドで寝転んでる夫を呼びに行って出てきたら、沈んでしまったあとだったが残照が美しい。
携帯のカメラでツーショットを撮っていただく。

....

後で送ってくださった写真には、元気になった夫が自然な笑顔で写っている。
夫が部屋へ帰った後、今度は男性のメンバーが、作業用のジャンパーのままで駆けつけて来てくださった。突然のコールにこたえていただいたわけである。6時の夕食の予約が恨めしいぐらいお話の花が咲いた。

ディナーはフランス料理を予約してあったが、今日は22日で、毎月11日と22日は良い夫婦の日として、一人10500円のスペシャルディナーが二人で11550円になるのだ。
生きているロブスターをまず見て、それがローストされた一皿も美味しかったが、なんと世界の三大珍味のうち2つまで頂くことが出来た。キャビアとフォアグラである。(もう一つはトリュフ)。キャビアはほんのちょっぴりなのでじっくりと味わうわけに行かなかったが、フォアグラがとても美味しかった。外はパリッとローストされている感じなのに一切れを口に入れるととろけるように柔らかい。かに味噌が珍重されるのと同じようにちょっと癖のある味が何とも”旨い”のだ。ここでふと気付いた。外見は小さなひれ肉のローストと変わらないけれど、この柔らかさと美味しさに、大富豪の歯の悪いおじいちゃんが、お金に糸目をつけず料理させたのだろう。それで世界の三大珍味の一つになったのではないかと、夫がおいしそうに食べるのを見て思ったのだ。
部屋へ帰る廊下から庭がイルミネーションで輝いているのが見える。カメラを持って引き返すつもりだったが、部屋はそのイルミネーションの真上である。

初めに部屋に入ったとき、湖に面した部屋でないことに少し落胆したが、日が落ちてしまえば湖は終わり。それよりこのイルミネーションの見える部屋の方が良かったかなと思う。


翌朝は朝食をルームサービスしてもらい、夫が「一日早いけどおめでとう」と明日の誕生日を祝ってくれた。昼間の部屋から見える風景はまるで外国のよう。
のんびりとお昼までホテルで過ごしてシャトルバスで石山に帰る。
ほんとに良い旅だった。