立山の思い出
JRjジパング倶楽部会誌1997年9月号掲載

7月号立山黒部アルペンルートの特集を拝見し、感慨深い。
今から40年余り前、友と二人で立山に登った。
その前年に比良山で大雨に遭い、山の斜面で下から上に降る雨を経験したのが私たちの唯一の登山経験であったので、今考えるとずいぶん無茶な登山をしたものだと思う。
当時アルペンルートなんて便利な路線のない時代であったから、バスで登れるぎりぎりのところまで行って、そこから徒歩で室堂まで登る。
雑魚寝の山小屋で一泊。翌日、早朝に山頂へ登って御来光を仰ぎ、雲海の涯に富士山を見て感激してから、富山の方へ下り始めた。
途中の大雪渓を、踏み跡を辿って、ピッケルも持たずに運動靴で横切るという、思い出しても恐ろしいことをやった後、また山小屋に泊まった。
小屋の名は忘れてしまったけれど、布団が足りなくてシングルの布団を二人で使った。友はすぐ熟睡してしまったが、私は明け方まで眠れなかった。
あくる日も晴天で、工事用の「命は保証しません」というロープウェーの箱に乗り、箱をぶら下げているロープにしっがりつかまって下山した。
いつの日か、ぜひとも立山黒部アルペンルートに思い出を辿りに行ってみたいと思う。