1989、90年の歩み(年賀状より)
平成元年五月、段戸湖で遅い桜を見、一日に一組の客しか泊めない山の民宿に一泊。
鳳来寺山の岩山を、すっかりばて気味で通過。
天竜川の上流で、降り始めるや否や、今まで歩いていた道が早い流れの小川に変わり、辛うじて雨宿りすると、目の前を蛙や蛇が流されていく。天竜美林を養う雨を体感しました。
平成二年、浜名湖の北を通り、家山の鉄橋で天下の大井川を楽々と渡り、大山の頂きで
銀色に輝く富士山に対面し一年を終えました。

詳しい記録は2年に分けて次頁,次々頁にあります。

東海自然歩道Top 次へ