東海自然歩道10年の歩み
私達の歩き方について

 私達は登山については全くの素人ですから、テントを張って泊まるようなことはしませんでした。シャワーのない所に泊まったのも一度だけです。このような歩き方があってもよいのではないでしょうか。十分に準備し注意して向かえばアマチュアでも踏破できると言う意味で、むしろ東海自然歩道の趣旨に沿っているのではないかと思います。
 家族の変化や子供たちの成長の様子、子離れの過程、夫との会話なども入っています。遭難一歩手前というスリルや、多くの出会いもありました。計算すれば私達の年齢も分かりますよ。紀行文のように楽しんで読んで頂けたらこの上ない喜びです。
 年賀状だけを飛ばし読みして頂いても結構です。(年賀状の飛ばし読みの場合は下の目次をご利用ください。)
 東海自然歩道踏破は私にとって人生でやり遂げた唯一の事柄かもしれません。踏破に要した日数は恐らく最大記録でしょうね。
 東海自然歩道は土砂崩れや洪水、宅地造成などによって、かなり頻繁にルートが変更されますので、十数年前と現在では異なる所もあるでしょう。それゆえ敢えてマップは挿入しませんでした。
2013年に東海自然歩道の全写真をムービーに編集しようと思って、東海自然歩道のホームページ(環境庁)にアクセスしてみると、予想通り大幅にルートが変わっていました。
 11年3か月かかったのに   「10年の歩み」   とはこれ如何に、というのは昭和と平成の間で10年と思い込んでいたのと、その間に父を見送って年賀状が10枚しかなっかたのが更に思い込みを強めたのだろうと思います。今回すべて西暦に直したところ12年だったのに気がついたのです。しかし小冊子の表題をそのまま残す事にしました。

 なお東海自然歩道は国定公園「大阪府・箕面の明治の森」と国定公園「東京都・高尾山の明治の森」を結ぶハイキングルートとして昭和45年から49年にわたって、環境庁により整備されたもので、最新の環境庁資料によれば総延長1,697.2 km です。車の通れない尾根道などがたくさんあり、旧中仙道なども含まれていて、旧東海道とは異なるものです。距離も旧東海道の3倍近くになります。

82.83.84年  箕面・・・新大仏寺   投稿文と雑談

85年 新大仏寺・・・関ヶ原    

私達実年夫婦の場合・86年  関ヶ原・・みのこうみさあ大変のダイエット記

87年  須衛・・・足

88年  井尻・・・足助

89.90年  年賀

89年  伊勢神峠・・・石打

90年  石打・・・谷沢

9
1年  谷沢・・割石峠 ・じっと我慢の14の瞳

92年  山伏峠・・・山中湖

93年  山中湖・・高尾山